気まぐれなメモ帳。

買ったものや体験談等を気まぐれに書きます。

カプセルホテルに泊まった時の話。

カプセルホテルとはビジネスホテルと比べ
格安で泊まることができる宿泊施設。
最近はサービス向上により女性も宿泊できるカプセルホテルが増え
一般的にも使う人が増えてきています。
今回はそんなカプセルホテルに泊まった時のお話です。

 東京で用事があり、ホテルはどうしようかな…と悩んでいた時
カプセルホテル、せっかくだから初体験してみようと
調べてみました。

 

料金はどのくらい?

ピンキリですが3000円~5000円ぐらいが相場みたいです。
5000円ぐらいかけるならビジネスホテルでも良いんじゃないか
と考える人も多いですが
そのぐらいの額になるとサービスも向上します。
近年は女性向けのカプセルホテルも増えさまざまな場所に力を入れてる傾向です。

 

大浴場

カプセルホテルは部屋にお風呂がありません。
その分みんなで使える大きなお風呂場があるということ。
狭い場所でユニットバスを使うより大浴場でリラックスできるのは大きいのでは?
サウナもあって汗も流せる所も多いです。

部屋はどのくらい?

これもカプセルホテルによりけりですが異常な狭さというわけではないです。
普通に足を伸ばして眠ることができ、畳1畳より広いぐらいでしょうか。
僕は身長は小さめですが大きい人でも足を伸ばして

 

カプセルホテル内には何がある?

テレビ、USB端子、目覚まし機能、照明と必要最低限なものはそろってます。
テレビも有料であれば普通のホテルのような大人なチャンネルも見ようと思えば見れたり…
これも値段が安いカプセルホテルだとついてない場合もあるので
要確認になります。

秘密基地的な気持ちになる

決して広くないけど十分な広さ。そして自分だけの空間…
子供の頃に押し入れに自分だけの部屋を作りたくなった
あの子供の気持ちが少し思い出しました。
あ、完全に個人的な主観です。

 

最終的に

カプセルホテルに共通してるのが
仕切りがカーテンだけで鍵がかけられないこと。
(カプセルは法律上、家具扱いになるので鍵はかけられないようです)
貴重品はロッカー、もしくは奥側(枕付近)に忍ばせる形になります。
あとはカーテンということは周りの音が結構聞こえるということです。
他の人のいびきがうるさいと眠れないです。
そういう時は耳栓が良いと聞きますが
耳栓すると逆に自分の決まった時間に起きれないし迷う所です。
ネットカフェに泊まる延長線上のものだと捉えるべきですね。
周りの音は普通に聞こえるので自分自身もできる限り音は最小限に。


結論:不眠症、神経質な方にはおすすめできません。

 


ちなみに僕が利用したカプセルホテルは安心お宿という所です。
漫画が読めるスペースもあり、まるで漫画喫茶レベルでした。ちょっと割高ですが。

www.anshin-oyado.jp