気まぐれなメモ帳。

買ったものや体験談等を気まぐれに書きます。

「週休2日制」になる前の学校の話。

2002年から小学校、中学校、高校のほぼ全てが土曜日の授業が廃止になり
完全な週休2日制になりました。
当時僕は学生だった為か学校に行かない日が1日増える!やったー!と
大喜びでしたが振り返ってみると土曜日の午前中授業も案外悪くなかったと思います。
そんな土曜日の学校の授業でのお話…

土曜日休みになるまで

1992年に月1回(第2土曜日)休みになり、
1995年に月2回(第2と4土曜日)休みになりました。
そして2002年に完全に土曜日が休みになりました。
なのでこの世代を知ってる人達はおそらく
1980年代生まれぐらいの狭い範囲の方々だと思います。

土曜日授業はどんな感じ?

小学校時代、僕は第2、第4土曜日が休みの世代です。
第1、第3土曜日は午前中授業。
1時間目~3時間目の授業をやって給食なし。
たいてい2~3時間目が同じ授業(図工等)だったり
全部が同じ授業続きだった気がします。
ちなみに中学時代は部活動に入っていた為
お昼お弁当を持っていき、13時ぐらいから部活の練習が始まりました。
長かったですね…

午前中のみ授業の解放感

小学校時代の土曜日授業は午後が完全にフリーになれるから
友達との遊びの誘いが非常にしやすかったです。
昼飯食べたらゲームソフトもって友達の家に遊ぶ…
13時ぐらいから遊べたので夕方まで遊べたとしても
4~5時間ぐらいとかなり余裕がありました。
ゲームに飽きたら校庭でサッカーしたりしてましたね。

ゆとり教育」と関係性について

当時は全く言われてなかったのですが
「土曜日の授業をやらなかった世代はゆとりだ!」
「これだからゆとりは」と僕が社会人になるぐらいから叩かれ始めました。
この頃の世代は結構辛い立場だったと思います。
ゆとり教育世代とは細かく明記されてませんが
「1980年代後半~1990年代半ば生まれ」だったと思います。
たしかにこの頃の学生はゆとりと言われて授業数が少なめだったと思いますし
今の学生よりも偏差値は低いかもしれません。

まあ完全に僕はゆとり教育世代の敗北者でしょうね…
ゆとりに完全にハマってしまい
底辺高校(偏差値たぶん30ぐらい)にか入学できませんでしたし。

底辺高校でのお話ではこちらの記事にてどうぞ↓

sie-kimagure.hateblo.jp