気まぐれなメモ帳。

買ったものや体験談等を気まぐれに書きます。

2009年卒の悲劇『リーマンショック』~内定取消騒ぎ編~

僕のリーマンショック時代のお話の続きございます。

 
2008年9月15日。
世間知らずな僕でさえ、来年就職を内定していた同級生達も衝撃を走ったニュース。

 

リーマンショック

 

僕は当時学生だった為、
リーマンショック当時のIT会社の内部のことをはわからないけど不安でいっぱいだった。
「内定貰ったN社は大丈夫なのだろうか?」
しかし内定を1つ貰っていて他の会社をいまさら探そうとしても見つかるわけも無く
リーマンショック直後はIT系の会社の求人はほぼ全て消滅していました。

リーマンショックから数週間後、世間では「内定取消が多発してる」と報じられる。
僕の周りでは幸いにも内定取消をやられた生徒はいなかったけど
これに関しては問題が大きくなり、取消した会社名を公表することになった。
ところが一部の会社は内定取消で会社名を公表されるのを恐れて別の方法をとることになる…
これが僕自身にくらうことなのですがこれは先の話になるので一旦置いておきます。

そしてリーマンショック直後にN社から連絡が届く。
『内定式があるので××日に東京本社にお越しください』との事。

「内定式ということは内定取消はしないんだ!N社でよかった」
と若干楽観的な気持ちになった僕。


2009年冬頃。内定式では50名近くの2009年卒の人達が集まっていた。
僕を含め入社予定の人達の顔つきはどこか心配そうな顔をしていた。
N社の社長が挨拶にての一言。
社長「世間ではリーマンショックで内定取消が問題になってますがN社では社員は家族と思っています。
内定取消者は決して出しません!もちろん景気が厳しいのは事実だけど私と共に会社で頑張っていこうじゃないか!」

僕「なんて良い会社なんだ!ここで働けば楽しくやっていけそうだ」と思う半分、
うさんくささが残るけど他に道が無い以上、大丈夫だろう、悪い選択じゃないと
自分に無理やり言い聞かせていた。

とりあえず入社はすることは確定した。
しかしその後、これは悪い選択だったのだと思い知ることになる。

 

入社式編~へ続く。