気まぐれなメモ帳。

買ったものや体験談等を気まぐれに書きます。

2009年卒の悲劇『リーマンショック』~研修編~

僕のリーマンショック時代のお話の続きございます。

 

2009年4月、入社式後始まった新人研修。
実は言うと記事にすること難しい事をしてたわけでもない。
IT企業の仕組み、基本知識、ビジネスマナーがメインだった。

研修の教官もとても優しかった。
新卒社員も学生気分も抜けずみんな笑顔で研修ができていた。

研修の教官はメインの教官のほかに
N社の配属先による上司の教官が研修先に来ていろいろと説明してくれた。

ここで説明しておくとN社はそのまま本社に配属するわけでは無く
研修終了後、市内のいずれかの大手IT会社に派遣(配属)される。
いわゆる「業務請負」形式な会社だ。
中小IT企業は業務請負を行う所が多く、場合によってはプロジェクト終了後など
たびたび配属先が変わる可能性がある。


4月いっぱい新人研修が続き同期の新卒社員たちも
「そろそろどこに配属になるのかな?」
「どんな感じで仕事するのかな?」
「あの時教官をしていた上司の配属先で働くのかな?」
などといろんな話題が出ていた。
この先のことも知らずに…


新人研修が終了する4月30日、最後に社長から挨拶があった。
社長「皆さん、研修お疲れさまでした。
現在IT業界は非常に深刻なリーマンショックに陥っています。
5月からの配属先を皆さんにすぐに紹介できない状態です。
その為5月からはいったん自宅待機をしてください。よろしくお願いします。」

 

 

 


えっ 自宅待機!?

 

 

配属先が決まらず自宅待機させるってどういうことよ?

社長の言葉に同期たち、絶望。
研修後、皆で飲み会だったが飲んでいたビールが苦くてとても飲めたもんじゃなかった。
帰り道で同期達が愚痴を零す。
「どうするんだよ…」「このまま自宅待機するのか」
「この不況で配属先が決まるわけがない」
「でも今更ここで辞めるのも新卒カードが…」
このN社、何故か北は北海道、南は沖縄と遠い所から上京させ入社させた人が多い。
もしかしたらこういった自体になってもすぐ辞めさせない為だったのではないかと今では思う。


正直あまりにも酷すぎると思った。
N社はリーマンショックで内定取消によって会社を公表されるのを恐れ
一旦内定させ、自宅待機させるという方針をすでに去年から考えていたようだ。

2009年5月。
世間ではGWを迎えるがこの時ほど途方に暮れたGWは無かった。

 

~自宅待機編~へ続く

sie-kimagure.hateblo.jp