気まぐれなメモ帳。

買ったものや体験談等を気まぐれに書きます。

2009年卒の悲劇『無職フリーター生活』~日雇い派遣編~

僕のリーマンショック後の無職フリーター生活の続きでございます。

 2010年1月~4月。

新年が明けて気持ちが完全に変わり、やる気を取り戻した。
第2新卒の求人サイトは一向にまともな返信はこなかった為諦めた。
当時のリーマンショック後の影響は非常に強力で非常に凶悪だったので
まともに転職できた声は無かったのでこれが正解だったと思う。
(新卒で入ったN社の元同期組で同じ職種で簡単に転職できた人は誰ひとりいなかった)

そこで今まで躊躇していたが契約社員、日雇い、短期バイト…
正規雇用でも積極的に応募するようになった。
今は原則日雇い派遣は禁止されているがこの頃は都会地方含めてかなりの数があった。
まだ僕自身、正社員でいけるだろうと思っていたがもうそこまで追いかけていくのは不可能だと思った為である。


正規雇用は21歳だった僕にはいろいろな意味で勉強になったと思う。
軽作業、組立、棚卸、短期郵便配達など新卒のIT会社とはまた違った人間層達を見ることができた。
でも失った物もあった。同期のような同年代と会うことがほぼ無かったということ。
歳が近い人がいなかったのは寂しかったし理不尽なことを言う人達も多かった。
まさしく地の果てまで経験して
21歳とは思えないぐらいの独特な体験ができた。
今となっては良い勉強になったなと思う。

ハロワで他業種でさまざまな会社を受け落とされるが諦めずいろんな所に受ける。
そして短い期間のバイトも繰り返し行っていた。
時間だけが過ぎていき春を迎えようとしていた。


~後日談編~へ続く

sie-kimagure.hateblo.jp