気まぐれなメモ帳。

買ったものや体験談等を気まぐれに書きます。

コロナショックで内定取り消し…09年卒リーマンショックで路頭に迷った時の話。

コロナの影響でいわゆるコロナショックで株価暴落。
リーマンショックの悲劇がまた起きていて新卒の方々に少しでも
当時の話ができれば良いと思いブログで記事を書かせて頂きます。

内定取り消しを言われただけマシ

今回のコロナショックの不況は補助金が出る可能性があります。
助成金など動きが進んでいるので内定取り消しの場合何か保証されるかもしれません。

2009年当時リーマンショックで同じく内定取り消しが大問題になりました。
内定取り消しにした場合、厚生省は会社名を公表するようになりました。
会社名を公表されることを恐れ企業は内定取り消しせず、あえて入社させて自宅待機にさせる…
実質的に退職に追い込ませる方法をする会社が増えていました。
ちなみに僕が2009年卒で入社した会社ではこの方法をされました。
ほとんどの新卒達は自宅待機を命じられ、退職まで追い込みました。
内定式の際に、社長が「世間ではリーマンショックで内定取消が問題になってますがN社では社員は家族と思っています。内定取消者は決して出しません!もちろん景気が厳しいのは事実だけど私と共に会社で頑張っていこうじゃないか!」というセリフを言いました。
うさんくささが残ったけど当時社会を全く知らず、リーマンショックで選択肢が無かった僕は無理矢理良い言葉だと信じてしまいました。
今だから思うけど「今後のビジョンをハッキリした公言しなかった」のが不信感があります。
この状況で何か企業側に今後のビジョンが無い場合、実質退職に追い込む可能性があります。

今後について不安な人達へ

非常に厳しい言葉になりますが日本において新卒カードは最強です。
このカードを失うと就職活動はより難しくなります。
実際の所、新卒で入った会社を半年ほどで退職し、就職活動はかなり厳しかったです。
でもがむしゃらでも人間生きていればなんとかなるのです。日雇いでもなんでもやれるのです。
内定取り消しになったからって死ぬわけではありません。
コロナ影響で取り消しになる企業だったらいずれにしても長く続くような会社では無かったのかもしれません。
そう思ってがむしゃらに就職活動を進めるのです。
僕は2009年卒になったことに関して「時代が悪い」「日本が悪い」と騒いでいた時もありましたがそんなこと言っても始まらない。
がむしゃらに生きてきた20代だったから根性、忍耐力が身に付き今では僕は立派な社畜です。
全く後悔してないと思ったら嘘になるけど、体験して強くなったのは間違いないです。

 

僕の体験談の話(ノンフィクション)

2008年~2009年 就職活動~リーマンショック~退職まで

sie-kimagure.hateblo.jp

2009年~2010年 新卒カードを失ったその後の生き方

sie-kimagure.hateblo.jp