気まぐれなメモ帳。

買ったものや体験談等を気まぐれに書きます。

両腕と両足に赤み、腫れのその後…「点状出血」とは?

5月下旬ぐらいから両腕と両足に赤み、腫れが続いてる話の続きです。
個人的なメモとして書いていきます。

 ※前回のあらすじ

sie-kimagure.hateblo.jp

5月下旬 赤みが発生

風呂に入る時に太ももに謎の赤みが出てきました。
最初は赤い斑点というよりいわゆる「蕁麻疹」なのかなぁとなんとも思わず。放置。
かゆみも無かったのでちょっと変だなと思ったけど。
徐々に両腕などにも赤みが出てきて半袖を着てしまうとかなり目立ってしまうレベルに。

 

6月2日 普段通ってる病院(内科)へ

ということで通っている内科は一応皮膚科も関連であるので受診ついでに診察することに。

ぼく「帯状疱疹なのですか?」
医者「帯状疱疹では無い、帯状疱疹は片側に一気に出る症状だからこれとは違う。
でも汗疹なのか蕁麻疹なのかは現時点ではハッキリわからない。酷くなったらすぐ来るように」

ベタセレミンという炎症やアレルギーを抑える薬を貰い終了。

6月4日 皮膚科へ

徐々に赤みが酷くなっていき「また病院に行こう」と思ったけど木曜日は普段行ってる病院が定休日だった。
なのでたまたま木曜午前中に診察してる他の皮膚科に受診。

医者「あー、こりゃ点状出血って奴だ。すぐに血液検査だ。結果出たら紹介状書くから明日すぐ来て」
と言われ血液検査→明日再度受診が決定。
ぼく「(明日、誕生日なのに…)」

誕生日に大きな病気とわかり、紹介状書いてもらって入院になったら一生忘れられない1日になりそうだ…と思った。

 

6月5日 再度皮膚科へ

誕生日の朝。
皮膚科で再度診察…

医者「いやー良かった。血液検査異常なしだったよ」
ぼく「はぁ」
医者「一応尿検査もするよ」
ぼく「はぁ」

そして

医者「いやー良かった。尿検査も異常なしだったよ」
ぼく「これって何なのでしょうか?」
医者「原因不明だが突発的なもの。ストレス性のものだろうな。2~3週間ぐらいで落ち着くと思うよ」

結果から言うと問題なしでした。
この後、赤みは徐々に落ち着き両腕両足の斑点のようなものはほとんど消えましたがまだ「跡」のようなものが残っています。
完全に消えるのは夏が終わるころなのかなぁ…


6月4日の血液検査後、後から調べてみると「特発性血小板減少性紫斑病」という病気の可能性があった。
血小板の数が減少し、出血症状をひき起こす病気でこの場合、入院が必要だったのかもしれません。


症状としてはこの人と結構近かった。

 この人も1ヵ月ぐらい症状が続き徐々に収まったようで原因は不明だったみたい…