気まぐれなメモ帳。

買ったものや体験談等を気まぐれに書きます。

3万以下で買える「ルンバ606」メリットデメリットを紹介!

 

わが家にペットが来ました。その名はルンバ 606
掃除ロボットと言えば有名なのはルンバですが高くて手が出せない…
という人も多いと思います。
でもこのルンバ606は3万以下で買うことができます。
定価28000円ですが、僕はタイムセールで23800円で購入できました。
他のルンバとの違いを含めて紹介したいと思います。

 

 

タイマースケジュール機能ナシ

よくルンバは携帯スマホを使ってWi-Fi経由で起動したり、この時間に掃除して欲しいという機能があったりします。
しかしこのルンバ606は自分でボタンを押さないと動くことはありません。
僕自身ルンバは初体験なのでまあ出かける時に「ピッ」と押せば良いか~という感じでそこまでデメリットとは思っていません。

稼働時間がちょい短い60分

他のルンバシリーズは90分ほど稼働できるようなので
比較してみるとちょい稼働時間が短いようです。

 

デュアルバーチャルウォールナシ

デュアルバーチャルウォールとは侵入禁止エリアを指定することができる商品があります。
あとあと付けることもできるようですがこれはいわゆる見えない壁づくりのようです。
まあこれも今の所自分で壁作ってしまえば良いのかなとそこまでデメリットとは考えてません。

清掃パターンが上位ルンバシリーズより劣る

このルンバ606は部屋の間取りと自分の位置がしっかり把握することができないようです。
複数の部屋の掃除ができず確実に隅々まで掃除は難しいようです。
清掃完了、またはバッテリー残量が少なくなると、自動でホームベースへ戻り充電することもできますが
迷子になってどこかで止まってることもしばしば。
ただしルンバ特有の段差回避はしっかりしていて危ない所には落ちません。

お手入れが面倒

上位ルンバはダスト容器の水洗いが可能らしいですが
ルンバ606は水には弱くそれができないようです。
毛のブラシに関しても毛が絡みやすいようで上位タイプは絡みにくいゴム製ブラシになっているようです。

 

保証、ユーザー登録について

まだ1週間ぐらいしか使っていないしこれからどうなるかわからないけどルンバはメーカー保証がついてるらしいです。
※認定販売店一覧で買った場合のみ。買う時は要注意。

www.irobot-jp.com箱に「ユーザー登録してください」というのがあったのでとりあえず登録。
その後いろいろ調べてみると1年後大きめの封書がやってくるらしい。
メンテナンスのようでその際買った時の箱が無いとすごく面倒になるからちゃんと保管すること!という情報を見ました。
これ見てルンバが欲しいと思った人!箱はちゃんと保管しましょう!
あとはユーザー登録すると1年以内なら調子が悪い時、保証点検の問い合わせもできるみたいで何かと便利そうです。早めに登録を。


ちなみに7~8年前、安物のよくわからないメーカーのロボット掃除機を買ったことがあります。
1万ぐらいで保証も無し。
半年以内にぶっ壊れてゴミになりました(泣)
電化製品は名前が聞いたことがある程々のものを買うになりますね